室戸岬は日の出・日の入りの両方が見れます(^^)

  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

乗ってなかったわけではありません。

白浜(和歌山)とか近場を、ちょこちょことは… しかし暑いのはどうも(;^_^A

 

暑さも緩みツーリングシーズンに! 室戸岬(高知県)へキャンプツーリングへ行きました!

 

待ち合わせは淡路SAにam8:00。今日は風も穏やかで明石海峡大橋も楽しく渡れるだろうと楽しみにしつつ、岸和田北から幸雄号と阪神高速5号湾岸線に乗って待ち合わせ場所に。

交通量もそこそこ、ながれに乗ってゆっくり走行。

が、NAVIの言うことを聞かなかったせいか迷ってしまった。とりあえず高速をおり、LINEしようとiPhoneを見ると、渕上号も遅れそうなかんじ(-。-;)

住吉浜で降りて摩耶から3号神戸線に乗るのが正解だった(^^;)

 

迷いながらも再度高速に乗って淡路島をめざし、舞子トンネルを抜けると明石海峡大橋だ!

車では何度か通過したことはあったがバイクは初めて!車だとけっこう大きく感じていた明石海峡大橋が、バイクだと意外にもそれほど大きく感じなかったのはどうしてだろう???

movie明石海峡大橋

天気も快晴、海を眺めながら走りぬけていくのは、なんとも気持ちいい(>▽<)b

そういえば、前にここを車で渡ったときは霧がひどくて、前を走る車がまったく見えず、追突されないかビビりながら走ったような…

 

予定より少し遅れて淡路SAへ入った。

バイク置き場は進入路をくるっと180度転回した先にあり、これからツーリングに向かうんだろうバイクが十数台止まっていた。

 

最初気づかなかったが渕上号はすでに到着していて、おNEWのシートバッグが備え付けられていた(・Θ・;) 。結構な量の荷物が収納できそうだ!前回の四国ツーリングでスポーツバッグを括り付けていたのが、何度もずりおちそうだったんで新規購入したみたい。

img_5103

休憩もそこそこに室戸岬へ出発。

今日のメンバーもいつもの3人(リーダー不在)、サインハウスのB+COMで会話しながら走ります。僕と渕上号はSB5X、幸雄号はSB4Xの混在で使用しているせいかSB4Xの音声だけ大きくなってしまう。サインハウスのWEBに書いてある通り、SB5XはVer.1.4へ上げて、SB4XはモードBで使用しているんですけど…

 

早い車の後ろについてそれなりのスピードで室戸岬を目指し、たんたんと高速を走ること35分、大鳴門橋を通過、徳島で高速を降ります。

movie大鳴門橋から大菩薩峠

下道に入り1時間も走らないうちに不思議スポットで、コーヒータイムにしました。

 

レンガ造りで洋館のホラーハウス的外観の喫茶店「大菩薩峠」d(-_^)?

オーナーさんの手作りらしいです。僕はICEオーレを注文、普通に美味しいです。

本当はすでにお腹がすいてたんで、軽く食事といきたかったんですが、ランチの場所は決めていたので、先へ急ぎます(。-_-)ノ

 

国道55号を室戸岬をめざし南下していくと、すてきな海沿いルートを満喫できます。

ときおり、お遍路さんが行脚しているので気をつけないと思いもよらないところに…

外人のお遍路さんもけっこう見ますw(゚o゚*)w

太平洋最高、水の色もほんとに綺麗し!ところどころ泳げそうな砂浜が現れます。海パンを持ってこなかったことを後悔(ノ_-。)

 

道の南国ムードが濃くなってきたなと、思っているうちに室戸岬へ到着、というかそのまま中岡慎太郎像を横目に通過してキャンプ場へ向かいます。予約をしていないのでとりあえず今日の宿を確保しないといけないんで!

目指すは室戸岬夕陽ケ丘キャンプ場!WEBを見る限り予約はいらなそうだった。

室戸岬を通過して500mほどでキャンプ場への右折路があります。ここから室戸スカイラインを少し登ったところがキャンプ場。

ひさしぶりにバイクを傾けた気が…σ(^_^;) ここまでほぼコーナーというコーナーがなかったので短い道のりですが少し楽しみます。

つづら折りに登っていく途中のここが絶景!のぼりより下りの方が見晴し最高!つづら折りをすぎると途中第24番札所があり、お遍路さんがいるので気を付けながらさらに上へ!

 

ボーっとしてると見逃します、キャンプ場への左折路に入るとほどなくキャンプ場へ到着。

movie室戸岬から室戸岬夕陽ケ丘キャンプ場

すでに一組のファミリーがオートキャンプスペースに設営を終えて遊んでいました。入口すぐのログハウス風の小さな管理小屋をのぞくも誰もいません。みたところ他にキャンパーはいないのでまぁ大丈夫だろうと思いつつ室戸市観光協会へTEL。

担当者がおらず要領を得ないので再度連絡をもらうことにしてキャンプ場を探索(・・;)

メインとなるエリアは芝生で寝心地がよさそう!

WEBには奥の方にも区画があって、1、2、3番のエリアが太平洋を望めるシチュエーション。でもパイロンがおいてある??入ってはいけないのだろうか??

なんだかんだしてる間に連絡があり、無事本日の宿を確保(*`д´)b パイロンの先でも大丈夫らしいけど、地面が湿ってたので芝生のエリアにテントを設営することにした。

img_5105

 

宿の心配もなくなったので、食を満たしにさらに55号をすすんだ海の駅とろむへ!併設する施設に「室戸ドルフィンセンター」があってイルカとたわむれることができるみたい(‘◇’)

海の駅とろむではせっかく高知なんで「かつおのたたき定食」を頂きました! まぁ美味しかったですが、お土産物屋が併設されてるぐらいで特に何もありません。

 

続いて汗をながしにシレストむろとへ!

img_5109

プールもありました。入浴のみなんで大人380円也

そして晩飯の調達に、サンシャイン オーシャンへ、いたって普通のスーパーです。

 

キャンプ場へ戻って、太平洋に沈む夕日を見に1番の区画へ…

 

近くの展望台に行けば、太平洋からのぼる朝陽も、沈む夕日も360度景観で楽しめます(^^)

movie夕陽ケ丘キャンプ場から見る夕日

 

m_sun bbq

old_htokushima_m

ちなみに室戸岬はスルーです…(^^;


 クリックお願いしますヽ(▽⌒*)

  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ