HEATKING 電熱ヒーターインナーウエアー タイツ USB電源仕様

  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

一段と寒くなり、バイクには厳しい季節になってきました(ノ_-。)

ぼくは人一倍寒がりですし、来週末もツーリング予定なのにこのままでは…なにか対策をしないと

 

ということでまた散財してしまいました(-。-;)

HEATKING 電熱ヒーターインナータイツ インナーウエア USB電源仕様 コミネ(Komine) GK-806 GTX プロテクト ウィンターグローブ GAIUS

hk01

電気ものの冬用ウェアについては、RSタイチ(RSTAICHI) e-HEAT とかデイトナ(Daytona) 電熱ブルゾン テラヒート」「コミネ(Komine) Electric Heat Vest… 」などいろいろ迷いました

 

が、アウターを購入すると毎回見た目が同じになってしまいますし、ベスト的なのも腕部分が寒そうな感じが…

また、バイクから電源を供給しようと思うと、RSタイチや、コミネは独自のコネクタなので、別途電源供給オプションを購入しないといけません(  ̄_ ̄)

ということで、このHEATKINGのウェアは

  1. インナーで着用するので、アウターは自由にチョイスできる。

  2. USB電源仕様なので、バイクからの供給はもちろん、モバイルバッテリーでも利用できるので、普段使いできる

  3. なによりも他のメーカーの製品より安い

という理由がこれを選んだポイントです!( ̄- ̄)ゞ

 

温度調整ボタンで、赤(高温)50~65℃ 白 40~50℃ 青 35~40℃ と3段階に調整できます。

家で着てみたところ、トレーナーの裏地を起毛にしたような感じで、電源OFFでも十分暖かいです。

※サイズは少し小さめなので、ワンサイズ大きなもの(特にタイツ)を購入しましょう!

 

スイッチON!にしてみると、かなり暖かくなり、風を通さないジャケットを上に羽織れば結構な寒さでも快適にすごせそう(≧∇≦)b

モバイルバッテリー(2A以上出力できるやつ)があれば普段着用できるので、スノーボードなどのウィンタースポーツでも重宝しそう!

 

グローブは、グリップヒーターもあるし、グリップガードもつけたので、電熱のない透湿防水性を備えたウィンターグローブを購入!

試しに着用して運転すると、皮革部分が硬くて微妙なクラッチ操作がしづらかったので、丸1日ほど手にはめっぱなしにしてなじませました(;^_^A

 

早速、来週のツーリングで試してみます!


 クリックお願いしますヽ(▽⌒*)

  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

One Response to “HEATKING 電熱ヒーターインナーウエアー タイツ USB電源仕様”

  1. […] 冬間は、HEATKINGのヒーターでもUSB電源を使いまくります。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ